Scratch Day 2013 in Tokyo

終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

2013年5月19日(日)

ベネッセコーポレーション東京本部ビル

 

 

Scratchは、MITメディアラボが開発した子供用のプログラミング環境です。すでに世界中で150万人の利用者が325万個の作品を作っています。
Scratchはプログラミング技術の習得を目的とせず、ものづくりの手段のひとつとして、その過程で自ら学ぶことを目的としています。そのため、子供たちの大好きなゲームやアニメ、音楽にフォーカスしており、作品をネットで共有するソーシャルメディアの機能も備えています。これにより、時間や場所に限定されない遊びと学びの融合を実現しています。日本でも学校や企業、NPOなどでの取り組みが進んでおり、新聞やテレビで取り上げられることも増えてきました。
Scratch Dayは年に1度のお祭りで、世界各地で同時にイベントが開催されます。 東京では、ワークショップ、ポスター・デモ展示、セミナーなど盛りだくさんの内容をご用意しました。特に今年は皆さんが実際に見て、触れて、参加できるイベントを増やしています。

  • 誰でも発表できる5分のショートプレゼン「LT(ライトニングトーク)」
  • 自慢の作品を大スクリーンで紹介する「Show and Tell」
  • もくもくと一日中作り続ける「ハッカソン」

ぜひ Scratch Day 2013 in Tokyoにご参加ください。皆様とお会いできることを楽しみにしております。

開催概要

 

内容

詳細についてはそれぞれのページをご覧ください。

参加費

無料

申込み方法

一部のワークショップは事前申込みが必要ですが、それ以外は直接会場にお越しください。

全体スケジュール

5月19日(日) 13, 14階

詳細: セミナーワークショップポスター・デモ展示LT (ライトニングトーク)Show and Tell (成果発表会)ハッカソン